自社技術・R&D情報 About Technology

  • HOME>
  • 自社技術・R&D情報

自社技術・R&D情報

世界初の3D検査技術

NEDOの助成事業から生まれた世界初の3D検査技術

独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の産業技術実用開発助成事業に採択され、自社開発した外観検査システム錠剤外観検査システムとして世界で初めて3Dカメラを搭載。これは外観検査機システム専門会社だからこそ実現できた技術開発です。

錠剤の形状をはっきり読み取る検査が可能に
光切断法によって、錠剤の表面をなぞるような検査が可能になり、錠剤の形状をはっきり読み取ることで、精度の高い検査を行えます。また、キャッピング不良品、錠剤の切れ目の浅い、深いを正確に読み取ります。
同色コーディング錠も正確に検査
わずかな欠け、コーディングの不足、錠剤と同色のコーディングが施された錠剤、まだら錠でも正確に検査可能です。
  • Viswill 最先端技術 世界初!!3D検査
  • Viswillのチャレンジ 特殊検査への対応
  • 3D画像
  • Slit Lighting(Line Laser) Moving Subject光切断法
  • 印字不良
  • まだらの欠け不良
  • キャッピング不良
  • 同色のコーディング不良

最先端のカラーカメラ技術

処理速度を落とすことなく安定した高精度検査を実現

高性能3CCDカメラを採用し、独自開発の『色彩空間フィルター処理』により、処理速度を落とすことなく、安定した高精度検査を実現しました。

色の再現性の高い技術
色の再現性が高く、同一光軸の画像を取得できるので、鮮明な画像が得られます。
ユーザーに優しい設定
ユーザーフレンドリーな設定で色不良を検出可能

各分野の専門家が在籍

各分野の専門家が独自の技術を開発

社内では、機械設計や電気、化学、ソフトウェアなど各分野の専門家が日々独自技術の開発に取り組んでいます。

一貫した研究開発体制

製品企画、ソフトの開発、電子回路まで一貫して自社で行う

製品の企画に始まり、制御ソフトから機械装置、
電子回路まで全て自社開発しています。

そして開発した装置のフォローも自社で行っています。