製品紹介 About Goods

受託開発

球状ワーク外観検査システム

球状ワーク外観 検査システム ・小型球状ワークの検査が可能
・処理速度28,000個/分(Φ約1.0のワークにて実績あり)
  • 特徴
  • 仕様

小型球状ワークの検査が可能

形状、材質、サイズ、色など多種多様にわたる小型球状ワークについて1つ1つカスタムを行うことで対応が可能です。検査精度については、3CCDカメラと高度照明技術により、ワークの1つ1つに対して、個別検査を実行します。

処理速度

28,000個/分(Φ約1.0のワークにて実績あり)

装置概略

サイズ:W1,000×D600×H1,380

概要説明

供給部
ワークを充填します。
整列部
供給部から搬送されたワークを
1層かつ8列に分列します。
搬送部
ワークを、等ピッチ、等間隔に穴の開いたシートへ
供給し、搬送します。
表面カメラ(カラーカメラ)
カラーカメラ、ドーム照明により、ワークを撮像します。
なお、裏面も同様にベースにガラスを設置し、撮像します。
不良未検査回収容器
カラーカメラで撮像した結果から不良・未検査と判定されたワークを
不良選別部で選別し、回収容器に回収します。
良品回収容器
エアーによってワークを良品回収容器に回収します。