ニュース News

  • HOME>
  • ニュース・展示会情報

ニュース

創包工学研究会にて「包装工程における画像処理技術」をテーマに講演


講演する統括部長の横田

 3月30日、東京・神田で開かれた「創包工学研究会 第70回講演会」において、当社生産技術統括部長の横田 喜郎が「包装工程における画像処理技術」をテーマに講演しました。

  同研究会は医薬品包装技術レベルの向上、医薬品使用者・消費者への啓蒙活動、包装・容器・試験法などの標準化推進のほか講演会開催や技術者教育、技術交流等を目標に活動をされています。
本講演会は今回で70回目を迎える伝統ある講演会です。

 当日は、会場のフォーラムミカサ エコに65名が参加、全7社が登壇。医薬品包装工程におけるセキュリティやデータ管理システムの現状、質量検査と異物検査技術などを講演されました。 横田統括部長は、当社の検査システムの開発経緯、歴史、主要装置概要の説明の後、画像処理技術について解説、最後に「AI等を使って新たな取組みも行なっていく」と将来展望を述べました。

 今後も、外観検査システムのパイオニアとして、業界における技術交流や後進育成にも貢献してまいりたいと思います。 ご清聴いただきました皆様、誠にありがとうございました。


多くのご質問をいただきました。